コスメ ファンデーション

20、30、40、50代のファンデーションの正しい選び方

更新日:

【2018完全版】自分の肌質に合ったファンデーションの選び方講座

スポンサーリンク


ファンデーションは肌の表面の凹凸や色を整えたり、シミやしわ・毛穴等を目立たなくするための化粧品の一つでお化粧をする上では欠かせないものですよね。

そして選び方や使い方で顔のトーンアップやツヤ感のある肌が作ることができ、ナチュラルな肌を作れたりします。

ただ間違ったファンデーション選びをしてしまうと、すぐ小鼻がテカって化粧が崩れたり肌荒れが起きたりもしてしまいます。

今回は、肌質に合うファンデーションや理想の肌に近づけるファンデーションの選び方について徹底解説していきます。

スポンサーリンク


ファンデーションの種類

ファンデーションには

  1. パウダーファンデーション
  2. リキッドファンデーション
  3. クリームファンデーション
  4. ルースファンデーション

の4つの種類のファンデーションが存在します。

まずはそれぞれのファンデーションの特徴をチェックしていきましょう。

 

パウダーファンデーションの特徴(役割)

1.パウダーファンデーションの特徴

 

パウダーファンデーションとは粉末状のファンデーションを固めた形状になっており、ほとんどがコンパクトケースに入っています。

プレストファンデーションとも呼ばれ、最もメジャータイプのファンデーションとなります。

お肌に使用する時はパフを使います。

【崩れない】パウダーファンデーションおすすめ5選でメイク崩れを徹底防止

 

リキッドファンデーションの特徴(役割)

リキッドファンデーションの特徴

 

リキッドファンデーションとは液状タイプのファンデーションのことです。

質感は乳液のような軽いタッチのものから、こってりとしたやや重めのものまであり、ビンやチューブ、ボトルなどの容器に入っているものが多いです。

パウダーファンデーションよりも伸びがよく、さらにカバー力と保湿力が高いので肌への密着度が高いのが特徴です。

■ 絶対肌をきれいにみせる!本当に崩れないおすすめリキッドファンデーション8選

 

クリームファンデーションの特徴(役割)

クリームファンデーションの特徴

 

クリームファンデーションとはリキッドファンデーションよりも油分が多く、質感も重めのものとなっております。

しっとりとした仕上がりで、肌をしっかりとカバーしてくれます。

保湿力も高いので秋冬などの、乾燥が気になるシーズンに特におすすめです。

■ クリームファンデーションおすすめ5選

 

ルースファンデーションの特徴(役割)

ルースファンデーションの特徴

 

サラサラの粉が、固められずにそのまま容器に入ったタイプのファンデーションです。

軽い付け心地で、ナチュラルメイクや、素肌を生かしたふんわりとした仕上がりがお好みの方にはおすすめとなります。

■ ルースファンデーションおすすめ5選

 

ファンデーションの正しい選び方(コツ)

先程解説した4種類のファンデーションの中で、自分に合ったファンデーションを見つけるのって中々大変ですよね。

ファンデーションを選ぶ上でのポイントは、自分の肌質に合ったファンデーションを選ぶということと年齢に合わせたファンデーションを選ぶということが重要となってきます。

 

自分の肌質に合ったファンデーションを選ぶ

自分の肌質は

  • 乾燥肌
  • オイリー肌
  • 混合肌

の3つに分けることができるんですね。

それぞれの肌質に合うファンデーションはどれなのかを詳しくご紹介してきます。

肌質に合うファンデーションを選ぶことによって、1日中崩れない肌を手に入れることができますよ!

 

乾燥肌のファンデーションの選び方(コツ)

乾燥肌タイプのファンデーションを選ぶコツ

 

乾燥肌におすすめなファンデーションは

リキッドファンデーション

クリームファンデーション

となります。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションは油分も多く、保湿効果の高いアイテムが多いので肌のうるおいを長時間保ちます。

特にひどい乾燥の方は肌がデリケートな状態になっていることが多いので、リキッドやクリームの中でもシンプルな成分でできているミネラルファンデーションやフェイスパウダーがおすすめです。

ミネラルファンデーションとは、一般的には肌の油分を必要以上に取ってしまう界面活性剤やシリコン、油分などを含まないファンデーションのことを指します。

石鹸で落とせるものも多いので、肌に負担がかかりにくく、クレンジングによる摩擦を防ぐことも期待できます。

 

オイリー肌のファンデーションの選び方(コツ)

オイリー肌タイプのファンデーション選びのコツ

 

オイリー肌におすすめなファンデーションは

ルースファンデーション

パウダーファンデーション

となります。

 

ルースファンデーションやパウダーは肌へのなじみも良く、さらっと仕上がるのでテカリにくくなることも期待できます。

テカリが気になる肌というのは、肌表面に皮脂がたくさん出やすいので、油分の多いリキッドやクリームタイプのファンデーションだとさらに油分を重ねてしまうため化粧崩れができたり、テカりやすくなってしまう可能性があるのです。

ルースファンデーションやパウダーファンデーションだと、パウダーが余分な皮脂を吸い取るので、気になるテカリを目立たなくしてくれます。

 

混合肌のファンデーションの選び方(コツ)

混合肌タイプのファンデーション選びのコツ

 

混合肌の場合、乾燥する部分もオイリーな部分もどちらも肌の水分不足が関係しているのです。

そのためおすすめのファンデーションは乾燥肌の時と同じく

リキッドファンデーション

クリームファンデーション

となります。

 

しかし、皮脂の多い部分にさらに油分のあるリキッドファンデーションを重ねてしまうことになるので、皮脂吸収成分配合などの皮脂を抑えてくれるリキッドファンデーションなどを選ぶことがポイントとなります。

 

自分の年齢に合わせたファンデーションを選ぶ

先程自分の肌質に合ったファンデーションを選ぶことが大事と解説してきました。

実はこの肌質に関する問題は20代・30代・40代・50代と年齢によって大きく変わってくるんですね!

ですので、年齢別から見る自分に合うファンデーションの正しい選び方を解説していきますので是非自分の年齢に合ったファンデーションを確認していってください。

 

20代の肌に合ったファンデーションとは

20代を過ぎると10代の頃とは違って『乾燥』が目立つようになってきます。

残念なことではありますが、人間は年を取るにつれて益々肌の潤いがなくなってくるのでとくにファンデーション選びに注意をしなければいけない年齢となります。

そんな20代に合ったファンデーションは以下となります。

20代に合ったファンデーション

乾燥をケアできる保湿成分の高いファンデーション

天然成分や美容成分を多く配合したファンデーション

20代を過ぎると乾燥が目立つようになってくるので、保湿成分の高いファンデーションを選びましょう。

また、乾燥肌になってくると肌が益々敏感肌へとなってきますので添加物を多く含んだファンデーションは避けるべきです。

天然成分やオーガニックで製造されている物をしようしたり、美容成分を多く含んでいるファンデーションを選びましょう。

ファンデーションは肌に直接塗るものなので、こういったポイントを捉えてカバーしてあげるだけでも印象がガラッと変わります。

 

30代の肌に合ったファンデーションとは

30代は20代の頃とは違い肌の水分量が不足しがちな年齢でもあるので以下のファンデーションを選ぶようにしましょう。

30代に合ったファンデーション

適度にカバーし透明感も演出してくれるファンデーション

セミマット肌をつくれるファンデーション

30代は水分が不足してしまうだけでなく、皮脂分泌も多い年齢なのでツヤやテカリが気になると思います。

しかしここで気を付けていただきたいことは、カバー力が高すぎるファンデーションは選ばないということです!

カバー力が高すぎるとかえって毛穴が埋もれて見えてしまいますので、適度にカバーできセミマット肌をつくれるファンデーションを選びましょう。

なかでもおすすめなのがリキッドファンデーションです。

よりセミマット肌を演出することができます。

 

40代の肌に合ったファンデーションとは

40代の肌はシミやくすみが出てきて肌をトーンダウンさせてしまう原因にもなるので以下のファンデーションを選ぶようにしましょう。

40代に合ったファンデーション

カバー力&ツヤ感のあるファンデーション

乾燥をケアできる保湿力の高いファンデーション

シミやくすみは年齢が老けて見えてしまう原因にもなるので、カバー力とツヤ感のあるファンデーションを選びましょう。

ただ、徹底的にカバーしたいからといって厚塗りをしてしまうと逆に毛穴が埋もれて際立ちますし立体感を演出できないのでツヤ感もあるファンデーションを選び正しくメイクすることを心がけましょう。

また、シミやくすみによって乾燥が引き起こされてしまうので保湿力の高いファンデーションを選ぶこともポイントとなります。

 

50代の肌に合ったファンデーションとは

50代は更年期を迎え女性ホルモンが減少する年齢でもあります。

30~40代で抱えていた乾燥やシミやくすみといった悩みはもちろん、老化による顔の筋肉の低下でどうしても老けてみえてしまいやすくなるので以下のファンデーションを選ぶようにしましょう。

50代に合ったファンデーション

伸びの良いクリームファンデーション

ツヤ感の高いファンデーション

クリームファンデーションはピタッと肌に吸い付くという大きなメリットをいかして質感を高めましょう。

また、ツヤ感を演出することで肌悩みを目立たなくしてくれる効果もあるのでツヤ感の高いクリームファンデーションが最適です!

 

 

自分に合うファンデーションの色の確かめる方法

自分に合うファンデーションの色の確かめる方法

 

肌質に合ったファンデーションを理解した次は色選びです。

以外とファンデーションの色の確かめ方を知らない人は多いと思います。

みなさんはどうやって選んでいますでしょうか ?

 

実は自分の肌に合ったファンデーションの色を確かる方法は、フェイスラインなのです!

よく、「首の色との差がないように選ぶ」といった選び方をしている人いますよね。

ただ、首の色だけに合わせたのでは不十分となります。

 

そこでファンデーションの色を確かめる際は「耳の下からアゴにかけてのフェイスライン」にファンデーションをつけて確認してみましょう。

そうする事で顔との色なじみや首との色なじみの両方を確認できるため、自分の肌に合ったファンデーションの色が分かります。

 

ファンデーションの色の名称は

  • ピンク
  • ピンクオークル
  • オークル
  • ベージュオークル
  • ベージュ

の5種類に大きく分ける事ができます。

ピンク、ピンクオークルは赤みの強い色味で、オークルは中間色、ベージュオークル、ベージュは黄色みが強い色味となります。

 

化粧品売り場の試供コーナーで頬に3色程度つけて肌の色と比較し、自然かどうか確認するのがおすすめです。比較する際はなるべく明るい場所で確認してください。

 

肌色別おすすめファンデーションカラー

肌色別おすすめファンデーションカラー

 

色選びをする際、自分の肌の色の悩みをカバーできるものを選びたいですよね。

ここでは色悩みをカバーしてくれるファンデーションの色みをご紹介いたします。

 

黄色みがある肌の方

黄色みのある肌は日本人の中で1番多い肌となります。

そんな黄色み肌さんにおすすめのファンデーションカラーはオークル系ファンデーションです。

黄色み肌タイプさんは肌がくすんでみえがちなので、肌になじみやすいオークル系カラーのファンデーションを使うことで顔色を自然に見せることができます。

すっぴんの状態の肌が黄色みがかっているので、黄色みが強いベージュ系のカラーは余計に顔色がくすんで見えてしまうことがありますのであまりおすすめできません。

 

色白の肌の方

色白肌って憧れますが実は血色が悪くみえたり、顔色が悪くみえたりと悩みも多い肌色なんです。

そんな色白肌さんにおすすめのファンデーションカラーはベージュ系ファンデーションです。

「血色が足りていないから赤みのあるピンク系じゃないの ?」と思われがちですが、ピンク系だと時間が経つにつれてファンデーションの色浮きが目立ってしまうこともあります。

ベージュ系を使えば色浮きも防げ顔が引き締まったようにみえるので、顔色もよくすっきりした印象に見せることが期待できます。

 

色黒の肌の方

すっぴんの状態の肌が色黒の方におすすめのファンデーションカラーはベージュオークル系ファンデーションです。

黄色みのあるベージュオークル系を使うとフェイスラインとも差ができにくく、自然な明るい肌を演出できます。

逆に中間色のオークル系だと最初は肌に馴染むのですが、時間が経つにつれてくすんだ印象となりがちなので避けた方がいいでしょう。

 

中間色の肌の方

赤みも黄色みもある中間色の方におすすめのファンデーションカラーはピンク系・ベージュ系ファンデーションです。

同じ中間色のオークル系でもいいのですが、時間の経過により皮脂とファンデーションの油分が混ざり肌の色が濃く見えてきてしまいがちなので、肌トーンをアップさせてくれるピンク系やベージュ系がおすすめなのです。

ベージュ系でも黄色みが弱い薄めのベージュ系がおすすめです。

 

赤みがある肌の方

すっぴんの状態でも頬に少し赤みがある方などにおすすめのファンデーションカラーはベージュ系ファンデーションです。

ピンク系だと余計に赤みを強調してしまうので、赤みを抑えるには黄色みのあるベージュ系がおすすめです。

ベージュ系を使用すれば赤みを自然にカバーし、透明感のある肌を演出することができます。

スポンサーリンク


 

年齢別 ファンデーションの正しい選び方 まとめ

【2018完全版】自分の肌質に合ったファンデーションの選び方講座-まとめ

 

自分の肌質にあったファンデーションの選び方理解いただきましたでしょうか?

ファンデーションといっても種類がたくさんあるので、自分の肌質にしっかりと合うものを選んでくださいね。

最後に本日解説した内容のおさらいです。

乾燥肌タイプには[リキッド・クリームファンデーション]

オイリー肌タイプには[パウダー・ルースファンデーション]

混合肌タイプには[皮脂吸収成分の入ったリキッド・クリームファンデーション]

 

20代の肌に合ったファンデーションは

乾燥をケアできる保湿成分の高いファンデーション

天然成分や美容成分を多く配合したファンデーション

 

30代の肌に合ったファンデーションは

適度にカバーし透明感も演出してくれるファンデーション

セミマット肌をつくれるファンデーション

 

40代の肌に合ったファンデーションは

カバー力&ツヤ感のあるファンデーション

乾燥をケアできる保湿力の高いファンデーション

 

50代の肌に合ったファンデーションは

伸びの良いクリームファンデーション

ツヤ感の高いファンデーション

また、自分の肌に合ったファンデーションを選ぶポイントはフェイスラインとなります。

フェイスラインにファンデーションをつけて確認してみましょう。

ファンデーションの選び方や色の選択によって顔のトーンや見た目などの印象は圧倒的に変わってきます。

是非化粧品コーナーなどでいろいろ試してみてくださいね。

スポンサーリンク


4月の人気アクセスランキング

ボディミスト(フレグランス)と香水の違いは?効果的な使い方お教えします 1

スポンサーリンク   女の子の身だしなみの1つに「香り」があります。 最近は香水やボディミスト、ボディフレグランスなどいろいろな種類が出ていますよね。 でも名前は違うのはわかるのですが、中身 ...

2

  スポンサーリンク ファンデーションはメイクの中でも必需品の一つで、お肌の毛穴や色むらをなくしきれいに見せるメイク用品です。 10代はお肌もピチピチでファンデーションいらずでも、20代にな ...

3

スポンサーリンク 毎年変わるファッションの流行になかなかついていけなかったり、お金がなくて今年も去年の服を着まわしになっている方はいませんか?   「自宅のクローゼットには洋服がたくさん入っ ...

4

スポンサーリンク   女の子ってメイクにヘアケアに、ファッションと女子力をアップさせるために毎日努力が欠かせないですよね。 かわいく見られたい 素敵な女性に思われたい などいろんな想いがある ...

5

スポンサーリンク   乾燥肌タイプのみなさん! 化粧ノリばっちりになれる化粧下地を知っていますでしょうか。 乾燥肌さんはお肌のキメが少ない分、化粧ノリが良くならなくて化粧崩れを起こしてしまう ...

-コスメ, ファンデーション
-, , , , , ,

Copyright© BEAUTYMAKER(ビューティーメーカー) , 2018 All Rights Reserved.