ボディケア 美容

レディースシェーバー&カミソリの選び方とは?種類・注意点・メリット・デメリットまとめ

投稿日:

スポンサーリンク



レディースシェーバー&カミソリの選び方とは?種類・注意点・メリット・デメリットまとめ

 

女性にとってムダ毛処理は永遠のお悩み、夏の露出の時や大切なデート時にツルツル素肌を見せるためにはムダ毛処理は必要不可欠です。

処理の仕方(方法)としては大きく分けると3パターンほどあります。

処理方法

  • 脱毛サロンに通う
  • カミソリや電気シェーバーで剃る
  • 除毛クリームや脱毛ワックスを使う

今回はこの中からレディースに最適な電気シェーバーやカミソリで剃る場合の正しい選び方、カミソリと電気シェーバーの違いなどをご紹介いたします。

スポンサーリンク


電気シェーバーとは

電気シェーバーとは

 

女性用の電気シェーバーはレディースシェーバーとも呼ばれます。

フェイス用

ボディ用

デリケートゾーン用

など使う部位によって複数のタイプがあります。

カミソリに比べると電動になるので価格は高いですが、仕様用途に合わせて携帯しやすいコンパクトなものや浴室で使える防滴仕様のものなどもあるので、自分に合った電気シェーバーを選ぶことができます。

カミソリと同じムダ毛を剃るという処理方法ですが、電気シェーバーの刃はカミソリの刃と比べて刃先が鋭くなく、肌を傷つける可能性が低いため腕や脚などの広い範囲を一気に処理することができます。

肌当たりもやさしいので敏感肌の方でも安心して使えます。

 

また脱毛サロンなどの前日のシェービングに使ったりデリケートゾーンのムダ毛処理に活用している方も多いようです。

さらに電気シェーバーは脱毛ワックスのように毛を引っ張って抜くというようなことはしないので痛い思いをすることもありません。

しかし、カミソリと違い肌表面の毛を剃る浅剃り方なので毛がまたすぐに生えてきてしまいます...

また浅剃りなので毛が目立ちやすく、剃った断面が広いためポツポツとした剃り跡が気になるという方もいます。

ポツポツを予防するためにも定期的な処理が必要になります。

 

電気シェーバーのメリット・デメリット

自分に合ったレディースシェーバー選びに役立ててもらえるよう、電気シェーバーのメリット・デメリットを以下にまとめました。

電気シェーバーのメリット

  1. いつでもどこでも簡単にムダ毛処理ができる
  2. すね毛や腕毛など太めの毛や剛毛、広範囲なムダ毛の処理にも便利
  3. メイクの上からも使用できる
  4. 刃が直接当たらない構造なので肌を傷つけにくい
  5. 脱毛サロンで脱毛を行う前の下処理にも向いている

電気シェーバーのデメリット

  1. カミソリに比べると購入費用が高い
  2. カミソリほど深ぞりができない
  3. 毛がすぐ生えてくる

やはり簡単に手軽に使用できることがレディースシェーバーの良いところでもあります。

少々費用が高いこともありますが、1台持っているだけでムダ毛処理に対してめんどくさいということは少なくなりますよ!

電気シェーバーの種類

上記で説明したように電気シェーバーには用途に合わせて展開されているので使いたいところに合わせてシェーバーを選ぶことができます。

電気シェーバーの種類は以下の3つに大きく分けられます。

電気シェーバーの種類

  • ボディ用
  • 顔用(フェイス用)
  • デリケートゾーン用

シェーバー1つでまかなえないこともないのですが、うっかり傷つけてしまうことも考えられるのでやはり専用のものを使っておくことをおすすめします。

 

ボディ用

電気シェーバーの中でも代表的で最も種類が豊富なのはボディ用です。

腕や足やワキを中心に体全体に使うことができます。

シェーバーの先端が広めになっており短時間で広範囲をスピーディーに処理できるのが特徴です。

ただ商品によっては腕と足のみにしか対応していない場合もありますので、ワキや全体の処理もしたい方は対応しているかは商品の説明欄をチェックして選びましょう。

 

顔用(フェイス用)

顔用(フェイス用)の電気シェーバーは、顔の産毛・眉毛などに使うことができます。

いろいろ揃えるのがめんどくさいならといって、ボディ用などで処理するのは危険です。

刃が顔の広範囲に当たるので顔の曲線には対応できず傷付けてしまう可能性があります。
必ず顔用のシェーバーを選ぶようにしましょう!

顔用シェーバーはカミソリのような形状をしているので顔の産毛処理を隅々まで行うことができ化粧ノリもよく肌を明るく見せることができます。
顔以外にも指の毛などの小さな範囲に使うこともできます。

 

デリケートゾーン用

ビキニラインなどVIOのアンダーヘアの処理をしたい場合はデリケートゾーン用のシェーバーをを選びましょう。

ボディ用や顔用よりもお手入れがしやすいだけでなく、デリケートな部位を傷つけないような設計になっています。

スポンサーリンク


カミソリとは

カミソリとは

 

カミソリは電気シェーバーと違い手動式になっているムダ毛処理用品です。

コスパが良く1番安いもので100円から手に入り、細い産毛から濃い毛まで様々な毛に対応できるので使っている方も多いです。

カミソリと聞くと男性用も思い浮かべる方も多いと思いますが、女性用のカミソリは男性用と違い刃のついているヘッドの部分が大きくて丸い設計となっています。

これは肌を傷付けないように柔い部分を広く剃るためです。

つまり女性用カミソリはただムダ毛を剃るだけではなく、剃った後の肌を守ることにも追求しているということです。

 

メーカーにより二枚刃や三枚刃など刃の枚数が違い、肌を傷めにくいようにヘッド部分にガード付などの種類もあります。

毛を深ぞりできるのが特徴ですがカミソリは刃が直接肌に当たる設計になっているので、深く剃ることができる分間違った方法で処理すると肌の角質を傷付け、肌の乾燥や黒ずみや色素沈着などを起こしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

またカミソリを使用する際は生理前や妊娠中などの肌が敏感になっているときは肌荒れの原因になるので避けた方が良いでしょう。

深く綺麗に剃れる分剃る前と後にはボディクリームを塗るなどの肌ケアを万全にしたり、刃を定期的に取り替えるなど衛生状態に気を配ることをおすすめします。

 

カミソリのメリット・デメリット

カミソリについてもわかりやすくメリット・デメリットを以下にまとめさせていただいております。

カミソリのメリット

  1. コスパがよく手に入り安く手軽で簡単に処理できる
  2. 細い産毛から濃い毛まで様々な毛に対応できる
  3. 電気シェーバーよりも深ぞりができる

カミソリのデメリット

  1. 剃る前と後にボディクリームを塗るなどのケアが必要
  2. 肌に刃が直接当たるため、肌を傷つけることがある

レディースシェーバーと比べてコスパが良かったり深剃りも行えたりと非常に便利で有能である一方、肌を傷つけてしまうのが大きな難点となります。

カミソリの刃が自分の肌に合わない人はレディースシェーバーのほうを一度試してみるようにしましょう。

 

カミソリの種類

カミソリにも種類があり、以下の2つに分けられます。

  • T字カミソリ
  • I字カミソリ

T字カミソリ

T字カミソリは最も一般的な形のカミソリになりボディ用として使われています。

T字の部分に刃があるので剃り上げる部分は横に広くなっており広く比較的平らな面を剃れるため、短い時間でムダ毛処理が出来るのです。

最近ではT字のヘッド部分が回転するものもでてきており、これにより剃りにくかった太ももの裏側やビキニラインなども剃りやすくなっています。

 

I字カミソリ

I字カミソリはその名の通りアルファベットのIのような形をしているカミソリです。

L字カミソリとも呼ばれており、形も刃がむき出しになっているものと刃の部分が折りたたまれて収納されているものがあります。

主な仕様用途は眉毛を整えたり顔の産毛処理に使用します。

商品により刃の長さが違うので眉毛を整えたい時は刃が短めのものを、顔の産毛処理をしたい時は刃が長めのものを使うといいでしょう。

スポンサーリンク


電気シェーバーの正しい選び方

電気シェーバーの正しい選び方

 

電気シェーバーとカミソリのそれぞれの特徴やいいところがわかったところで、次は肌を守りながらムダ毛処理をするにはどんなものを選べばいいのかご紹介いたします。

 

女性用を選ぶ

電気シェーバーには女性用と男性用がございます。

「同じ電気シェーバーだしどっちを使ってもいいのでは?」と思う方も多いと思いますが、実は女性用と男性用では剃る目的が大きく違います!

女性用の電気シェーバーはボディーのムダ毛処理用として、男性用の電気シェーバーは顔の髭剃り用として作られています。

そのため男性用のシェーバーでは体のムダ毛処理をするには剃りにくい部分があるので、剃り残しができてしまう場合があるのです。

選ぶ際は女性用のレディースシェーバーを選びましょう。

 

電源で選ぶ

レディースシェーバーの電源には

  • 充電式
  • 交流式
  • 乾電池式

があります。

自分の普段の使用方法に合わせて選ぶことをおすすめします。

 

充電式

充電式は専用の充電器で充電してから使用できます。

コードがないのでお風呂でもどこでも使用可なのが強みですがフル充電からどれくらい稼働してくれるのか事前にチェックしておかないと、大事な時に充電を待たないといけない場合があります。

 

交流式

交流式はコンセントに差しながら使うタイプです。

電気代が安いのが強みですがコンセントがあるところでしか使用できないので、お風呂に入りながらムダ毛処理をするという方には向いていません。

 

乾電池式

電池式はその名の通り電池式で本体価格が安くお風呂でも使え、出張や旅行などに持ち出せて便利です。

ただ電池のコストがかかりますが中には充電式の乾電池を使用するものもあるので電気シェーバーの中では1番人気です。

 

重さで選ぶ

購入の際はシェーバーの重さがどのくらいあるのかも確認しておきましょう。

顔用は軽量なものが多く処理に便利ですが、ボディ用は本体が重たくなっているものもあります。

ワキの処理をする場合に腕を上げて使用したり片手で使用することが多いので、重たすぎないものを選びましょう。

目安としては100~200gほどがおすすめです。

 

水洗い可能かで選ぶ

直接肌に当たるものだから清潔に使えるものを選びたいですよね。

電気シェーバーには水洗い可能なものと非対応のものがあります。

非対応のものは使い終えたら専用のブラシで毛を払い落として湿気のないところで保管が必要になります。

水洗い可能なシェーバーであれば使用後水で毛を洗い流すことができるだけでなく、ムダ毛処理前の肌ケアとして使うクリームの使用もできるため、肌への負担をかなり軽減することができます。

また皮脂や雑菌をキレイに落とせるのでシェーバーによる肌の炎症トラブルといった心配も少なくなります。

 

カミソリの正しい選び方

カミソリの正しい選び方

 

電気シェーバーの次はカミソリの正しい選び方を確認していきましょう!

 

女性用を選ぶ

カミソリにも女性用と男性用があります。

電気シェーバーと同じく主に女性用はボディ全体のムダ毛処理用、男性用は髭剃り用です。

ですので、カミソリの場合もボディのムダ毛処理を剃る場合は女性用を正しく選び使用することをおすすめします。

良く剃れそうだからと言って男性用のカミソリを使用してしまうと柄の形状やヘッドの首振りなど剃る用途によって違うので肌を傷めてしまう場合がありますので注意しましょう。

 

刃の枚数で選ぶ

カミソリは昔は1枚刃か2枚刃が主流でしたが、現在では5枚刃や6枚刃のカミソリが増えてきています。

刃の枚数が多いとその分肌へのダメージは削減されます。

枚数が多いと1枚1枚が肌に当たる部分は少なくなり切れ味は劣りますが、肌にかける圧力が分散するので肌に優しく剃ることができるのです。

 

ガード付きを選ぶ

カミソリにはガードが付いているものと付いていないものがあります。

選ぶ際にはガード付きを選ぶようにしましょう。

ガードは肌を切ってしまわないための重要な役割をしてくれます。万が一切れてしまったとしても深い傷にならないように守ってくれるのです。

ガードが付いている分少し滑りがにぶくなるメーカーのものもありますが、自己処理に自信がない方や初心者の方には安全のためにもガード付きのカミソリを選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク


 

電気シェーバーの使用時のコツや注意点

自分にあった電気シェーバーを選べば、次は効率よく綺麗にムダ毛処理を行いたいですよね。

うまく剃れるコツや注意点をご紹介いたします。

 

ヘッドを強く押し当てないように逆剃りをする

電気シェーバーはカミソリとは逆に、毛の流れに逆らうように剃ることを意識しましょう。

深剃りしたいからと強くヘッドを肌に押し当ててしまうことがありますが、肌トラブルの最も大きな原因になるので注意しましょう。

ヘッドはあくまでも軽く押し当て肌に垂直にして軽く押すようにして動かすのがきれいに剃るコツです。

 

何度も同じ部分に刃を当てない

電気シェーバーは刃が内蔵型なので直接的に刃が肌に触れない分、負担はカミソリよりは控えめです。

しかし深剃りのために肌の同じ部分に何度も当ててしまうと振動摩擦や熱などにより肌にはダメージが蓄積されてしまいます。

何度も同じ場所を剃ってしまっていないか注意しておきましょう!

 

シェービングクリームをつける

電気シェーバーは基本的にはクリームなど何も塗らないでも使用することができます。

しかし敏感肌の方やより肌をいたわりながら剃りたい方は、剃る前にジェルシェービングクリームローションなどをつけるようにしましょう。

 

アフターケアはしっかりおこなう

ムダ毛処理後の肌は摩擦によって乾燥が起きやすくなっている状態です。

ケアを怠ると、ひどい乾燥の原因や肌荒れを引き起こしてしまいます。

専用のローションや化粧水、乳液、ボディクリームなどで肌をしっかり保湿するようにしましょう。

 

毛が長い場合は事前に切っておく

電気シェーバーは長い毛を剃るのには適していません。

もともと短い毛を剃るように作られているので長い毛がある場合はあらかじめハサミで毛を短めに揃えておきましょう。

 

カミソリの使用時のコツと注意点

カミソリを使用する際には、以下のコツと注意点がございます。

 

脱毛する箇所を綺麗にしておく

カミソリで剃る前は必ず処理する場所を清潔にしておきましょう。

汚れた状態のままで使用してしまうとカミソリで剃った場所から雑菌が入り込み炎症や肌荒れなどの肌トラブルの原因となってしまいます。

 

剃る前は蒸しタオルで温める

より肌を綺麗に保ちながら処理をするために剃る前に蒸しタオルで温めることがポイントです。

蒸しタオルをすることにより毛穴が開いて柔らかい状態にすることで剃りやすくなります。

 

シェービングクリームを使う

カミソリを使うときにボディーソープや石鹸の泡をつけてムダ毛処理をしている方は多いと思います。

しかし、ボディーソープや石鹸は肌の表面の皮脂を落としてしまうためカミソリの刃で与えるダメージが大きくなってしまい肌トラブルの原因となるので適していません。

カミソリ専用のシェービングクリームやジェルだと毛を柔らかくして剃りやすくしたり、肌荒れを起こさないように保護してくれるので必ず専用のものを使うようにしましょう。

さらにムダ毛処理後はボディクリームなどを塗ることで、肌に直接栄養を与えしっかり保湿することができ、アンチエイジング効果も期待することができます。

■ ボディバター人気おすすめランキング5選-驚きの〇〇〇効果とは

 

毛の流れに沿って剃る

カミソリは電気シェーバーと違い毛の流れに沿って当てていきましょう。

流れに逆らうと肌へのダメージが大きく、肌荒れや出血してしまう恐れがあります。

毛の流れに逆らわず力入れずに剃ることが大事となります。

 

処理後は冷水で冷やし保湿ケアをする

カミソリの使用後は肌が敏感になり火照っている状態にあります。

そのままにしてしまうとかゆみが出たり赤くなってしまう場合があるので冷水で冷やすのがおすすめです。

ムダ毛処理後シェービングクリームをしっかり洗い流したあとに冷水で冷やしてあげましょう。

冷水で冷やすことで毛穴を引き締めることが出来ます。

冷水で冷やした後は化粧水やボディクリームなどでしっかり保湿を行いましょう。

 

電気シェーバーやカミソリのQ&A

電気シェーバーやカミソリのQ&A

 

最後は電気シェーバーやカミソリのよくある質問をまとめてご紹介いたします。

 

カミソリの刃の正しい捨て方とは

カミソリの刃は剃り味が落ちても十分危険です。

刃の部分をガムテープや厚めの紙で覆い一般的には不燃ごみとして処分します。

自治体によってルールがありますのでまずは各自治体のゴミ収集ルールを把握してから処分するようにしましょう。

また処分する際は「危険」や「カミソリ」などと記載し回収する人のことを配慮もしておきましょう。

 

刃の交換時期はいつ頃なのか

刃を交換する時期は人によってかなり差がありますよね。

電気シェーバーはメーカーによっても異なりますが、だいたい1~2年に1度の交換が目安となります!

カミソリは使う頻度により個人差もありますが1ヶ月に1度の交換が目安となります!

切れ味の悪くなった刃を使用し続けると横滑りしてしまったり肌を傷つけてしまいますので切れ味が悪くなったと思ったらすぐに交換をするようにしましょう。

 

剃る頻度はどれくらいが最適なのか

毛の生えるスピードは人それぞれ違いますが目安としては週に2、3回程度です。

剃る頻度が多いとその分肌を傷付けてしまうので肌を思うなら少ないほど良いでしょう。

 

刃についてしまった毛の取り方とは

お湯をはった洗面器の中につけカミソリを振ると綺麗に毛が落ちてくれます。

それでも落ちなかった毛は刃の向きに沿ってタオルでふき取るのがおすすめです。

刃についた毛をそのままにしておくと、刃詰まりの原因となり切れ味の低下や刃の劣化に繋がるのでこまめに綺麗にしておきましょう。

スポンサーリンク


レディースシェーバー&カミソリの選び方 まとめ

レディースシェーバーとカミソリの選び方はいかがでしたでしょうか?

女性用の電気シェーバーやカミソリは肌を綺麗に見せるために設計されたムダ毛処理用品です。

普段の自分の使用用途などに合わせて選んでくださいね。

スポンサーリンク


4月の人気アクセスランキング

Amazonプライムデー2018おすすめ人気商品&36時間限定のプライム会員の為のビックセール 1

スポンサーリンク 2018年いよいよこの時がやって参りました。 皆様もご存知の通りそう!Amazon primeday(アマゾンプライムデー)ですね! 年に1度のプライム会員限定のビッグセールとなり、 ...

ボディミスト(フレグランス)と香水の違いは?効果的な使い方お教えします 2

スポンサーリンク   女の子の身だしなみの1つに「香り」があります。 最近は香水やボディミスト、ボディフレグランスなどいろいろな種類が出ていますよね。 でも名前は違うのはわかるのですが、中身 ...

3

  スポンサーリンク ファンデーションはメイクの中でも必需品の一つで、お肌の毛穴や色むらをなくしきれいに見せるメイク用品です。 10代はお肌もピチピチでファンデーションいらずでも、20代にな ...

4

スポンサーリンク 毎年変わるファッションの流行になかなかついていけなかったり、お金がなくて今年も去年の服を着まわしになっている方はいませんか?   「自宅のクローゼットには洋服がたくさん入っ ...

5

スポンサーリンク   女の子ってメイクにヘアケアに、ファッションと女子力をアップさせるために毎日努力が欠かせないですよね。 かわいく見られたい 素敵な女性に思われたい などいろんな想いがある ...

6

スポンサーリンク   美容大国としてもしられる韓国。 美容コスメやスキンケアを買いに行ったり、韓国で美容エステに行くために旅行しに行く方も増えてきていますね。 韓国は美に対しての意識がとても ...

【2018年版】柔軟剤人気ランキング5選-男女が好むふわっと良い香りとは 7

スポンサーリンク   香りは人を癒すリラックス効果が高いと言われています。 最近では洗濯用の柔軟剤の香りを香水代わりととして楽しむ方も増えています。   しかし香りは人によって好き ...

美白オタク「戯ちゃん。」おすすめ!禁断の美白最強商品とは 8

スポンサーリンク   皆さんは『戯ちゃん。』さんという方をご存知でしょうか。 一度は本気で美白を目指そうとしたり、美容に興味を持った時に目にする機会が多い『戯ちゃん。』 美白になりたいけど ...

【絶対落ちない】人気ティントリップおすすめランキング5選 9

スポンサーリンク   韓国発祥の若い女性を中心に人気を集めるティントリップ。 様々な種類が発売されていますが、ティントとはどのようなものなのかご存知でしょうか? 今回はティントリップの特徴や ...

10

スポンサーリンク   最近エコやお部屋の統一感を目的として専用の容器とは別の容器にシャンプーや化粧水、クリームなどを詰め替える方が増えています。 ハンドクリームもちょっとしたお出かけや旅行な ...

-ボディケア, 美容
-, ,

Copyright© BEAUTYMAKER(ビューティーメーカー) , 2018 All Rights Reserved.