ペット ライフスタイル

【2018年版】市販キャットフード比較ランキング!獣医がおすすめする安全な食べ物はコレ

投稿日:

スポンサーリンク


【2018年版】市販キャットフード比較ランキング!獣医がおすすめする安全な食べ物はコレ

 

空前の猫ブームに乗っかり猫を飼いだしたという方、けっこう多いですよね?

猫や動物は飼育にとても気を遣いますが、中でも食事は病気にならないように良いものを与えたくなりますよね。

 

市販のキャットフードでも良質なものはありますが、気を付けて猫にとって悪影響なキャットフードを与えてしまう可能性もあるんですね!

そこで今回は猫ちゃんに安全な市販のキャットフードの選び方のポイントと、厳選したおすすめのキャットフードをランキング形式でご紹介していきます。

スポンサーリンク


Contents

市販のキャットフードのメリットとデメリット

市販のキャットフードのメリットとデメリット

 

市販のキャットフードにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

はじめて購入される方はもちろん今まで特に気にしたことがなかった人はしっかりと理解してから購入をするようにしましょう。

 

市販キャットフードのメリットとは?

市販のキャットフードのメリットは大きく分けて以下の3つとなります。

メリット

  • 価格が安く手に入りやすい
  • 栄養を総合的に与えられる
  • 味の種類が多い

 

メリット①:価格が安く手に入りやすい

動物病院などで購入できる1kg2,000円前後の良質なキャットフードに比べ、市販のキャットフードは安いもので1kg1,000円前後で販売されているので手に取りやすくなっています。

またペットショップだけでなくスーパーなどでも販売されているので手軽に購入できるというのも魅力の1つです。

 

メリット②:栄養を総合的に与えられる

市販のキャットフードにはおやつ用やウェットフード・ドライフードなど様々な種類が展開されており、含まれる栄養素も肥満用や猫の年齢や抱える病気に合わせたものが展開されています。

種類がわかれていることによりご家庭の猫に合わせて必要な栄養素をとることができるのが特徴です。

 

またドライフードは総合栄養食と呼ばれているので、健康な猫であればドライフードを与えるだけで猫の食事として十分な栄養素を得ることができます。

 

メリット③:味の種類が多い

市販のキャットフードは栄養と安さだけでなく猫の食いつきの良さにもこだわって作られているので、味の種類が豊富にあります。

そのため食いつきが悪い場合味を変えてみたりすることができるので、猫の好みに合わせて選ぶことができますよ。

海外製の市販のキャットフードは衛生問題などで法律が厳しく定められている為味の種類は少なく、種類が多いのは日本製のみとなっています。

 

市販キャットフードのデメリットとは?

市販のキャットフードのデメリットは大きく分けて以下の3つが挙げられます。

デメリット

  • 穀物が多く含まれている
  • 低品質の肉や魚が使用されている
  • 人口添加物が多く含まれる

 

デメリット①:穀物が多く含まれている

猫は基本的に肉食動物ですが、市販のキャットフードにはかさ増しという理由などで穀物が多く含まれている製品があります。

 

そんな穀物を多く含んだキャットフードの購入は価格が低価格というメリットもありますが、与えすぎると下痢や嘔吐などのアレルギー症状を起こしてしまう危険性があります。

選ぶ際には穀物不使用やグレインフリーと記載のあるキャットフードを選ぶことをおすすめします。

 

なかでも小麦やトウモロコシはアレルギーの原因になったりおなかの中で消化しにくくなります。

また穀物の中でも大豆は猫にとって特に危険で、腸の中で大豆が異常発酵し大量のガスを発生させ血管を圧迫してしまう恐れがあります。

猫の健康と安全の為にも穀物類が含まれるキャットフードは避けてあげて下さいね。

 

デメリット②:低品質の肉や魚が使用されている

肉食である猫のためには動物や魚の肉が主となったキャットフードを選べばいいのですが、主原料となっている肉類が廃棄用の肉や人間でも食べられないような低品質なものを使用している場合があるので注意が必要です!

 

【骨抜き鶏肉・サーモンオイル・〇〇産〇肉】など具体的な産地や動物名が記載されているキャットフードであれば安全ですが、原料として以下のような表記のあるキャットフードは猫にとって安全ではありませんので覚えておきましょう。

肉粉・ミートミール

バイプロダクツ

肉粉とは動物の肉を乾燥させて粉上にしたものですが、こういったものには本来であれば廃棄されるべきものである動物の毛や皮や骨が混ざっていることが多く、猫の健康上あまり安全とは言えません。

またミートミールも同様で交通事故で死んでしまった動物の肉や骨や皮が含まれていることが多いです。

 

パイプロダクツまたは肉副産物という表記のある場合は、肉ではなく内蔵や血や脳みそなどの流通するはずのない部分が使用されていることが多いので注意しましょう。

 

デメリット③:人口添加物が多く含まれる

市販のキャットフードは長期の保存が可能という点もメリットの1つですが、長期保存が可能という事は猫にとって安全ではない人口添加物が多く含まれているという事です。

 

キャットフードに含まれる防腐剤には猫の発がん性を高めてしまう成分などが含まれているので、食べ続けるとそのリスクが高まります。

また着色料や香料はも猫の病気のリスクを高めてしまいます。

人間の長期保存したいというエゴにならないように、キャットフードは人口添加物を含まない無添加のものを選ぶようにしましょうね。

 

【2018年版】キャットフードおすすめ比較ランキング

【2018年版】キャットフードおすすめ比較ランキング

 

No1:カナガンキャットフード とびきりの美味しさとベストな栄養バランス

カナガンキャットフード

 

総合評価No1!イギリス産高級キャットフード『カナガン』

 

 

カナガンキャットフードの特徴

新鮮なイギリス産の鶏肉を60%使用し穀物不使用で高たんぱく質と低炭水化物で猫に安心なキャットフードです。

さらに人工添加物不使用で便秘になりにくい消化のよいサツマイモを使用しています。

人間でも食べられる安心で安全な原料のみを使用しており、ドライキャットフードが苦手な猫でも食べやすい工夫がされています。

子猫からシニアの猫にも対応しているので長く愛用することができます。

 

カナガンキャットフードのお得な定期便コース

特典①特典②特典③
定期コースだけの特別優待価格選べる個数とお届け周期いつでも休止&再開OK
さらに今ならキャットフード用スクーププレゼント
合計金額7,000円未満合計金額7,000円以上合計金額20,000円以上
10%OFF15%OFF20%OFF

※割引率は「お届け1回あたりの購入金額」から算出

 

商品名定期便の価格おすすめ度
カナガンキャットフード通常価格:3,960円(税抜)

特別価格:3,564円(税抜)
超推薦

 

 

 

No2:モグニャンキャットフード 獣医師推薦プレミアムフード

モグニャンキャットフード 獣医師推薦プレミアムフード

 

試食会&獣医師モニタリング調査で90%以上が高評価!『モグニャンキャットフード』

 

 

モグニャンキャットフードの特徴

愛猫の食いつきと健康を最大限に研究し1年以上の歳月をかけて開発されたモグニャンキャットフード。

モグニャンキャットフードには以下の3つのこだわりがあります。

こだわり

白身魚たっぷり

高たんぱく質・グレインフリー(穀物不使用)

赤ちゃん猫からシニア猫までオールステージ対応

キャットフード界の最高峰を目指して食材のひとつひとつにこだわり抜かれたモグニャン。

今までのキャットフードとは食いつきが変わるはずです!

商品名購入価格おすすめ度
モグニャンキャットフード通常購入:3,960円(税抜)
定期便特別価格:初回発送50%OFF
2個目以降:3,564円(税抜)
超推薦◎

 

 

 

 

No3:オリジン キャット&キティ フード&トリーツの最先端ブランド

オリジン キャット&キティ フード&トリーツの最先端ブランド

 

 

オリジン キャット&キティの特徴

バラエティに富んだ様々な種類の新鮮肉とたんぱく質が豊富に含まれ、バランスの良い栄養を得られるように工夫されたキャットフードです。

生産者を厳選しており新鮮な放し飼い家禽肉や天然魚を原料としているのも特徴です。

猫の食いつきも良く、栄養もしっかり補えるので人気となっています。

 

 

No4:シンプリーピュア 世界一シンプルなキャットフード

シンプリーピュア キャットフード

 

シンプリーピュア キャットフードの特徴

シンプリーのキャットフードは主に鮭やニシン・マスなどの魚の肉を主原料としており、高品質なたんぱく質が全体の73%を占めています。

穀類不使用で猫が毎日続けて食べられるように食材にこだわり食欲がそそるように作られています。

ペット先進国のイギリスの品質管理の徹底された工場での生産されているので安心な品質維持が可能となっています。

 

 

 

No5:ピュリナワン 優れた消化吸収&美味しさを兼ねそろえたプレミアムキャットフード

ピュリナワン 優れた消化吸収&美味しさを兼ねそろえたプレミアムキャットフード

 

ピュリナワンキャットフードの特徴

ピュリナワンは子猫からシニアまですべての猫に対し、健康に必要な栄養がぎゅっと詰まったオールインワンのキャットフードです。

全年齢に対応したものから猫の年齢や体型に応じたものまで、種類が豊富にあるので猫に合わせて選びやすくなっています。

ターキーやチキンやサーモンなど猫の嗜好性にこだわった原料を使用し、全て安心で良質なものを使用しているので猫の食いつきの良さにも定評があります。

 

 

 

猫に安全で健康に良いキャットフードの選び方

猫に安全で健康に良いキャットフードの選び方

 

これまでキャットフードのメリット・デメリットをお伝えしてきましたが、では猫にとって安全で健康に良いキャットフードをどのように選べば良いのかについて解説していきますね。

 

栄養バランスが取れるキャットフードを選ぶ

キャットフードには大きく分けて『ドライフード』・『ウェットフード』の2種類があり、含まれる栄養素も違ってきます。

また猫の嗜好性を重視して作られている副食もあり、主におやつやごはんのトッピングとして食べられています。

 

キャットフードによって取れる栄養は違いますが総合的に栄養を取ることができる【総合栄養食】と書かれたキャットフードが1番おすすめとなります!

総合栄養食のキャットフードはドライフードとウェットフードのどちらにも含まれていますが、ドライフードであれば長期保存ができ価格も低価格となります。

 

しかし水分が不足しがちな猫や硬いものが苦手な猫にはウェットフードがおすすめです。

ウェットフードであれば失われがちな水分も一緒にとることができ、柔らかい食感なので子猫でも食べやすくなっています。

ウェットフードはドライフードに比べて味の種類も多いので、食いつきの悪さの改善にもつながります。

 

また食いつきの悪さを改善するのに副食のおやつタイプを使用するのもおすすめです。

おやつタイプは総合栄養食ではありませんが、栄養が偏らないように補ってくれる役割があり猫の嗜好性に合わせて作られているのでしつけのご褒美などにもてきしています。

副食はスナック菓子タイプやフレーク状タイプ、ドライタイプなど種類も多いので猫の好みに合わせて選ぶことができます。

 

安全性の高いキャットフードを選ぶ

デメリットの項目でもお伝えしたように市販のキャットフードには表記が曖昧でなんの肉かわからないものなど、猫の健康に良くないものが含まれている場合があります。

購入の前にはパッケージの原料表記をきちんと確認して安全性の高いものを選ぶようにしましょう。

 

安全性が高い理想的なキャットフードは以下となります。

主原料が高品質で安全なお肉

グルテンフリー

人口添加物不使用

キャットフードは主原料に穀物ではなく肉や魚が使われていて、尚且つサーモンや鶏肉などきちんと何の肉かが大切です。

穀物が含まれているキャットフードも販売されていますが、穀物は与えすぎると消化不良を起こしたり病気の元になってしまう恐れがあるので穀物不使用のグルテンフリーがおすすめです。

 

またドライフードに含まれていることが多い長期保存を可能にする防腐剤も、猫にとって100%安全とはいえません。

病気のリスクを高めないためにも、人口添加物ではなく無添加のものや天然の防腐剤を使用しているものを積極的に選ぶようにしましょう。

 

猫の年齢や成長に合わせたキャットフードを選ぶ

キャットフードは猫の年齢や成長に合わせて販売されています。

各年齢に合わせた栄養をきちんと与えてあげることが、飼い主としての役目ですね。

 

0~6ヵ月の子猫、お母さん猫の妊娠中・授乳期に合ったキャットフード

生後0~1ヵ月くらいまでは授乳期にあたるので猫用のミルクまたはお母さん猫の母乳を与える時期になります。

授乳時期が過ぎた子猫には消化のしやすい離乳食タイプがおすすめです。

離乳食タイプは動物性たんぱく質が豊富で栄養価も高く、妊娠中や授乳中のお母さん猫にもおすすめです。

ペットショップでは子猫用と一緒になって販売されているものもあります。

 

7ヵ月~6歳に合ったキャットフード

生後7ヵ月頃からはもう大人用のキャットフードが食べられるようになります。

この時期は栄養がしっかりとれるように、穀物が含まれていない高品質な肉や魚のキャットフードがおすすめです。

高カロリーなものは与えすぎると肥満になってしまいますので注意が必要ですが、高たんぱく質と高脂質でバランスよく栄養がとれるものが良いですね。

 

7歳~に合ったキャットフード

7歳からはシニア期に入ります。

シニア期では人間のお年寄りと同じように、胃に優しく消化しやすいものが適しています。

消化しにくい穀物ではなく、成猫期と同じく動物性たんぱく質の肉や魚がおすすめです。

 

ただしシニア期の猫は食べる量が少なくなってきているので少量でも健康が維持できるように低カロリーで高たんぱく質なものというのが大切です。

また噛む力が弱くなっている猫に対してはウェットフードや半生のものを与えてあげるようにしましょう。

 

猫の体型や特徴に合わせてキャットフードを選ぶ

年齢に応じて必要な栄養素を与えてあげるのも大切ですが、飼っている猫の体型や特徴に合わせて食事を変えてあげるのも大切です。

 

室内飼いの場合はヘルシーなインドア用キャットフード

運動量の少ない室内飼いの猫にはヘルシーなインドア用のキャットフードがおすすめです。

運動量が少ないのに高カロリーなものを与えてしまうと健康上よくないので、低カロリーで栄養たっぷりのものを与えてあげましょう。

 

肥満気味・痩せすぎの猫には高脂質と高たんぱく質で満足感のあるキャットフード

まんまるに太っている猫は可愛いですが健康にはよくありません。

少しでも体重を減らすためにダイエットフードを与えている方も多いと思いますが、実はあまりおすすめできません。

ダイエットフードには穀物を多く含んでいるものが多く、きちんとした栄養が摂取できないのです。

 

猫の食べ過ぎを防ぐためには、満足感が得られる高脂質で高たんぱくのキャットフードを与えるのがおすすめです。

ストレスを溜め込まないように、適度な運動と栄養のある食事をさせてあげましょう。

 

また食が細く痩せすぎが気になる猫も同様で、穀物が少なく栄養価の高い高脂質と高たんぱく質のキャットフードがおすすめです。

中でもカロリーが高いものを選んであげると良いでしょう。

食欲も増えるように味の種類の多いウェットフードなどを食べさせてあげるのも良いですね!

 

毛玉コントロールが苦手な猫には毛玉ケア用キャットフード

猫の特性として体を舐めてグルーミングをする習性があります。

通常であれば飲み込んだ毛玉を吐き出すのですが、なかには上手に吐き出せない猫もいます。

 

そんな猫には毛玉ケア用のキャットフードがおすすめです。

毛玉ケア専用のキャットフードには食物繊維が多く配合されており、毛と便をうまく絡めて排泄できるようになっています。

 

病気やアレルギーに合わせて食事を選ぶ

健康に気を遣って食事や運動をさせていても、猫によっては病気になってしまったりアレルギーを発症させてしまうことがあります。

キャットフードにはそんな病気やアレルギーをサポートしてくれるものもありますので、チェックしておきましょう!

 

尿路結石予防にはFLUTDフード

猫に起こりやすい病気の1つに尿路結石があります。

水分補給が苦手な猫に起こりやすく、おしっこが出にくく結石ができてしまう病気です。

 

そんな尿路結石を事前に予防することができるのがFLUTD=猫下部尿路疾患の予防フードです。

おしっこの濃度を中性に保ってくれる成分が入っており、結石の原因となるマグネシウムやカルシウムのミネラル分が少なく水素イオン指数のpH値の値が5に調整されているフードが基準となります。

あくまでも予防になりますので尿路結石を患ってしまった場合は、専門の獣医さんによる指示のもと専用のキャットフードを与えてあげて下さいね!

 

咳・くしゃみ予防・吐き癖には無添加&アレルゲンカット

猫も人間同様アレルギーを引き起こすことがあります。

くしゃみや鼻水・咳を頻繁にしているようであればまずは専門の獣医さんによる診察が必要ですが、原因がわかればアレルギーの原因である食材が含まれるキャットフードは控えるようにしましょう。

添加物が原因の場合は、無添加のキャットフードを選ぶことで症状が改善されます。

 

また毎食吐いてしまったり、定期的に吐いてしまう吐き癖のある猫も穀物などのアレルギーが原因の場合がありますので原因の食材を含まないものを与えてあげることが大切です。

くしゃみや咳・吐き癖などは必ずしも食べ物が原因という事ではありませんのできちんとした検査のもと、猫にとって正しい処置をしてあげましょう。

 

下痢には消化の良い高脂質、便秘には食物繊維入りキャットフード

猫は食事によってお腹の調子も左右されやすくなっています。

消化に悪い穀物が主原料となっているキャットフードを長期にわたり与えてしまうと下痢になってしまったり、水分補給がうまくできない猫は便秘になってしまう場合があります。

 

下痢の場合は穀物ではなくお肉や魚を主原料とした高脂質なキャットフードに変えるだけで、改善される場合があります。

また便秘の場合は食物繊維入りのキャットフードや水分の多いウェットフードを与えてあげると改善される場合があります。

ただし食物繊維を与える場合は少量で、トッピング程度で様子を見ながら与えてあげて下さいね!

 

スポンサーリンク


獣医がおすすめするキャットフード比較ランキング まとめ

獣医がおすすめするキャットフード比較ランキング まとめ

 

獣医がおすすめする市販キャットフードおすすめランキングはいかがでしたでしょうか?

大切な家族である猫にずっと健康で長生きしてもらうためにも、食事の安全性には特に注意して与えてあげたいですよね。

市販で買えるキャットフードの種類は様々なので、よく選び猫の喜ぶキャットフードを選んであげましょうね!

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みるきー

みるきー

美容マスターのみるきーです♪ BEAUTYMAKERの美容記事ライター担当。 皆様の美容習慣のお役に立てる記事を書いていきますので よろしくお願いします♪

8月の人気アクセスランキング

ボディミスト(フレグランス)と香水の違いは?効果的な使い方お教えします 1

スポンサーリンク   女の子の身だしなみの1つに「香り」があります。 最近は香水やボディミスト、ボディフレグランスなどいろいろな種類が出ていますよね。 でも名前は違うのはわかるのですが、中身 ...

2

スポンサーリンク   ファンデーションはメイクの中でも必需品の一つで、お肌の毛穴や色むらを無くしてきれいに見せるメイク用品です。 10代はお肌もピチピチでファンデーションいらずでも、20代~ ...

3

スポンサーリンク   美容大国としてもしられる韓国。 美容コスメやスキンケアを買いに行ったり、韓国で美容エステに行くために旅行しに行く方も増えてきていますね。 韓国は美に対しての意識がとても ...

【2018年版】柔軟剤人気ランキング5選-男女が好むふわっと良い香りとは 4

スポンサーリンク   香りは人を癒すリラックス効果が高いと言われています。 最近では洗濯用の柔軟剤の香りを香水代わりとしても楽しむ方も増えています。   しかし香りは人によって好き ...

5

スポンサーリンク   毎年変わるファッションの流行になかなかついていけなかったり、お金がなくて今年も去年の服を着まわしになっている方はいませんか?   「自宅のクローゼットには洋服 ...

6

スポンサーリンク   女の子ってメイクにヘアケアに、ファッションと女子力をアップさせるために毎日努力が欠かせないですよね。 かわいく見られたい 素敵な女性に思われたい などいろんな想いがある ...

美白オタク「戯ちゃん。」おすすめ!禁断の美白最強商品とは 7

スポンサーリンク   皆さんは『戯ちゃん。』さんという方をご存知でしょうか。 一度は本気で美白を目指そうとしたり、美容に興味を持った時に目にする機会が多い『戯ちゃん。』 美白になりたいけど ...

【2018大人気】洗濯洗剤おすすめランキング6選!香り最強&長持ち 8

スポンサーリンク   衣類やタオルをキレイにしてくれる洗濯洗剤ですが、ちゃんと使っているのに汚れが落ちなかったりニオイが残ってしまっている時ってありませんか? 今回は洗濯洗剤の種類や香り・効 ...

【絶対落ちない】人気ティントリップおすすめランキング5選 9

スポンサーリンク   韓国発祥の若い女性を中心に人気を集めるティントリップ。 様々な種類が発売されていますが、ティントとはどのようなものなのかご存知でしょうか? 今回はティントリップの特徴や ...

10

スポンサーリンク   最近エコやお部屋の統一感を目的として専用の容器とは別の容器にシャンプーや化粧水、クリームなどを詰め替える方が増えています。 ハンドクリームもちょっとしたお出かけや旅行な ...

-ペット, ライフスタイル
-, ,

Copyright© BEAUTYMAKER(ビューティーメーカー) , 2018 All Rights Reserved.