対策 美容

【痒さ対策】すねの乾燥対策とカサカサになってしまう原因とは

更新日:

 

夏が終わり秋が来て冬が近づくと体のあちこちの乾燥が気になってきますよね。

乾燥の中でも特に気になるのが足の乾燥だと思います。

すねの部分が痒くなったり、カサカサで粉をふいてしまったり、砂漠地帯の地面のようにひび割れてしまったりと見られると恥ずかしい状態になりますよね。

こういった悩みは、日ごろから対策しておくことで解決することができます。

 

今回はそんな悩める足のすねの乾燥がどうして起きてしまうのか、その原因と乾燥対策についてご紹介いたします。

 

スポンサーリンク




足のすねが乾燥する原因と痒さ対策

 

足のすねはもともと体の部位の中でも皮脂が出にくい部分ということを知っておきましょう。

そのため乾燥しやすく痒くなり、さらに白く粉を吹いて乾燥したりカサカサになりやすくなっています。

 

カサカサになりやすい足のすねでも乾燥に悩まされている人とそうでない人がいますよね。

一体どうしてかというと、乾燥に悩まされている人は

血行不良

お風呂の温度が高い

入浴時の洗いすぎ

ムダ毛処理後のケア

摩擦

のこの5つが原因と考えられます。

 

血行不良

冬の冷たい空気で足が冷えると血行不良となります。
血行不良になると栄養や水分が足にまで行き届きかず代謝が悪くなり角質がうまく作れず肌の乾燥が進んでいくのです。

そんな血行不良を改善するには【足元があったかくなる服装をする】【リンパマッサージ】【足湯】など、足を冷やさないようにしていきましょう。

 

お風呂の温度が高い

冬は暖かいお風呂に入って身体の芯まで温もりたいですよね。

しかし熱めのお湯に浸かると肌の水分が必要以上に失われ水分不足で乾燥に繋がります。

お風呂の温度は38℃~40℃に設定して、入浴後はすぐに失われてしまった水分を補うようにボディクリームなどで保湿するようにしてください。

タオルで水分を拭き取らず濡れたままでボディクリームを塗ると、より浸透しやすいですよ。

 

入浴時の洗いすぎ

乾燥はお風呂の温度以外に、身体の洗い方にも注意が必要です。
肌に合わないカミソリを使ったり身体をゴシゴシ洗らって肌を必要以上に傷つけると、角質層が傷付き乾燥肌になってしまいます。

また洗浄力の強いボディーソープは余分な皮脂まで洗い流してしまうので、乾燥の原因となります。

身体を洗う時は優しく洗うように心掛け、ボディソープも敏感肌用や保湿成分入りなどの製品を使うようにしてください。

 

関連して読みたい記事✓>>> 乾燥肌におすすめ保湿化粧水8選 | 高保湿で角層をうる肌へ

 

ムダ毛処理後のケア

カミソリなどによる足のすねのムダ毛処理は刃の部分が直に肌に触れるので、肌への負担が大きいのです。

ムダ毛処理後のケアを怠るとすぐに乾燥を引き起こしてしまいます。

ムダ毛処理後の入浴後はすぐにボディクリームなどの保湿ケアをして肌を守っていきましょう。

 

摩擦・刺激

冬のやっかいなことの一つに静電気がありますよね。
静電気も実は乾燥を引き起こします。

静電気により皮膚表面の角質層が傷付き、肌のうるおいを正常に保てなくなるのです。

 

タイツやニット生地はとくに静電気が起きやすいので注意していきましょう。

静電気が起きにくい吸湿性の高い天然素材の生地などを着用するのがおすすめです。

 

スポンサーリンク




 

まとめ

【痒さ対策】すねの乾燥対策とカサカサになってしまう原因とはまとめ

 

いかがでしたでしょうか ?

毎年冬になると悩んでしまう足のすねのカサカサも、原因さえ分かれば事前に対処できますね。

寒い時期でもスカートを履いてオシャレを楽しめるように、保湿ケアをしっかり行っていってくださいね。

次の記事へ>>> ボディローションおすすめ4選とさっぱり潤う正しい使い方を限定公開

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




12月の人気記事ランキング

1

[Amazonサイバーマンデー2017]   関連記事 ・【美容・コスメ・スキンケア商品】Amazonサイバーマンデー2017おすすめ20選 | 78時間限定のビッグセール期間中に必ずゲット ...

2

    女の子ってメイクにヘアケアに、ファッションと女子力をアップさせるために毎日努力が欠かせないですよね。 かわいく見られたい 素敵な女性に思われたい などいろんな想いがあると思 ...

3

  ファンデーションはメイクの中でも必需品の一つで、お肌の毛穴や色むらをなくしきれいに見せるメイク用品です。 10代はお肌もピチピチでファンデーションいらずでも、20代になるともう手放せない ...

4

  乾燥肌タイプのみなさん! 化粧ノリばっちりになれる乾燥肌におすすめの化粧下地を知っていますでしょうか。   乾燥肌さんはお肌のキメが少ない分、化粧ノリが良くならなくて困っている ...

5

  毎年変わるファッションの流行になかなかついていけなかったり、お金がなくて今年も去年の服を着まわしになっている方はいませんか?   自宅のクローゼットには洋服がたくさん入っている ...

-対策, 美容
-, , ,

Copyright© BEAUTYMAKER(ビューティーメーカー) , 2017 All Rights Reserved.