美容 美白

真っ白美白になるための今すぐ取り組める美白習慣とは

更新日:

真っ白美白になるための今すぐ取り組める美白習慣とは

・テレビに映るかわいい芸能人…
・街を歩いて見かけるかわいい人…

目を惹く素敵な女性に共通していることはきっと「肌が透き通るようにキレイ」ということだと思います。

皆さんは一度は肌が白くなりたいと思ったことがあると思います。
そんな方のために、美白になるための基本習慣、ポイントなどをわかりやすく解説致します。

 

美白になるための3つのポイント

 

美白になるために大きなポイントは全部で4つございます。
1つずつみていきましょう。

 

1 スキンケアで美白になる

 

美白になるためのスキンケアは大切です。
中でも必ず抑えておきたいことは、【保湿をしっかり行うこと】【美白化粧品を使うこと】となります。

スキンケアにおいての保湿と美白化粧品について詳しく解説していきまよう。

 

2 保湿をしっかり行うこと

実は美白になるためには、美白ケアをする前にまずしっかり保湿ケアを行うことなんです。肌がうるおっている状態ですと、肌のバリア機能の働きが正しく動いているので、紫外線などの外からの刺激から守ってくれます。

また、肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)も正常となるので、美白の敵であるメラニンの色素沈着、しみ、くすみなどを防いでくれるのです。

化粧品は保湿成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。
化粧品の裏面にセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アルギニンなどの保湿効果の高い成分が含まれているかまずはチェックです。

保湿ケアアイテムの記事をチェック✓


 

3 美白化粧品を使うこと

 

美白になるためには、化粧品も美白関係で揃えていきましょう。
美白化粧品といっても、肌を白くするというものだけではなく、【メラニンの生成を抑えシミやくすみを予防】【紫外線によるシミそばかすの予防】という役割もしてくれます。

美白の妨げになる原因を予防してくれるので、美白化粧品は非常に重要となります。
有効成分としてあげられるのがアルブチントラネキサム酸プラセンタエキスビタミンC誘導体などです。

おすすめ美白化粧水の記事をチェック✓

おすすめ美白美容液の記事をチェック✓


 

キンケア時の見逃してはいけないポイント

 

スキンケアは、化粧品で肌を整えることも重要ですが、まずは肌を清潔な状態にすることが大切となります。
洗顔料で毛穴の奥まで汚れをしっかり落とし余分な皮脂や角質を落としてから保湿ケア、美白ケアを行うようにしていきましょう。

 

睡眠の質を見直し美白になる

睡眠と美白はきってもきれない関係にあります。肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)が最もよく行われるのは寝ている間と言われています。
とくに睡眠に入ってから3時間〜4時間後の熟睡している時に、1番肌の成長ホルモンが活性化し、肌の再生を促進されてくれるのです。

 

以前まではゴールデンタイムといって、夜10時〜2時までの間に成長ホルモンが活性化すると言われていましたが、最近の研究では寝る時間ではなく、眠りに入ってからの3時間後〜が重要だとされています。

 

その3時間後にいかに良質な眠りについているかがポイントになってきます。

お風呂は寝る前の最低1時間前には済ましておく

寝る前はPC、スマホの使用は控える

リラックスできる環境をつくる

この3つが良質な眠りに入る為のポイントとなります。
詳しくみていきましょう。

 


 

お風呂は寝る前の最低1時間前には済ましておく

 

人は体温が下がるときに眠くなるようにできています。ですので、寝る直前にお風呂に入ると体温が上がっている状態になるので、寝付きが悪くなります。

最低1時間前にお風呂に入るようにし、体温が下がる頃に眠りにつけるように調整するようにしましょう。

 

寝る前はPC、スマホの使用は控える

PCやスマホからでるブルーライトの光は脳の交感神経を刺激します。交感神経とは脳が活動しているときやストレスを感じるときに働いている神経で、その交感神経がブルーライトの光で刺激され続けていると、脳がいつまで経っても寝るモードにならず、寝付きが悪くなるのです。

ですので、寝る前のスマホなどの使用は控えるようにしましょう。

 

どうしても使わなければいけない時は、ブルーライトカットのメガネをつけることや、最近の一部のスマホでは「Nightshift」というモードがあり、スマホのブルーライトを制限してくれる機能があるので、その設定に切り替えることをおすすめします。

また、部屋の電気の灯りも交感神経を刺激します。寝る少し前から豆電球にするなどして脳を少しずつ寝るモードにもっていくようにしましょう。

 

リラックスできる環境をつくる

 

先ほど、交感神経は脳が活動している時やストレスを感じている時に働いている神経とお伝えしました。
それとは逆で、リラックスしている状態、眠っている時に働いている神経を副交感神経といいます。寝る前に副交感神経の働きを強くし、脳をリラックスさせることが良い睡眠を取るためのポイントなのです。

 

脳をリラックスさせるためには、安眠効果のあるラベンダーやイランイラン、ベルガモットなどの香りのアロマなどを寝る前に焚いたり、コットンなどに染み込ませたものを枕の近くに置いておくといいでしょう。
自律神経や免疫力、ホルモンバランスをコントロールする働きの「視床下部」が直接刺激され、脳がリラックスします。

 

また、寝る前に暖かい飲み物を飲むのも効果的です。人は体温が下がると眠くなります。ミルクやハーブティなどのリラックス効果のある暖かい飲み物を飲むと、血流が促進し体も気持ちもリラックスでき、良い眠りにつくことができます。

 

食生活を見直して美白になる

 

美白になるためには、外からのケアだけでは足りません。体の内側からも美白ケアを行なっていきましょう。
美白の有効成分が含まれている食べ物をうまく摂取することで、シミやくすみを防止し紫外線を吸収しにくくすることができます。

美白効果のある栄養素は

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • リコピン

が主にございます。

 

ビタミンC

ビタミンCは、シミやそばかすを作るメラニンの生成を抑制するはたらきがあります。
代表的な食べ物は、【赤ピーマン】【ブロッコリー】【いちご】【キウイ菜の花】【小松菜】【アセロラ】【ゴーヤ】などがあげられます。

ビタミンCを摂取する時の注意点として、レモンなどの柑橘類は紫外線を吸収する作用が含まれているので、朝やお昼に柑橘類を摂取するとシミやそばかすができやすくなります。
柑橘類からビタミンCを摂取するときは、紫外線の少ない夜に食べることをおすすめします。

また、ビタミンCは体に吸収されず、3時間程すると体から代謝されてしまいます。こまめに摂取することを心がけてください。

 

ビタミンE

ビタミンEは肌のターンオーバーを促進し、シミも予防してくれます。
代表的な食べ物はアボカド・たらこ・ほうれん草・かぼちゃ・ナッツなどがあげられます。

 


リコピン

リコピンにもメラニンの生成を抑制する作用があり、抗酸化作用もあります。代表的な食べ物はトマト・ケチャップ・スイカ・グレープフルーツ・柿・人参などがあげられます。

どの栄養素も過剰摂取はNGです。毎日の食事に無理なく取り入れてくださいね。

 

 紫外線対策で日焼け防止

 

美白の大敵は紫外線です。紫外線は美白の妨げになるシミやくすみ、そばかすの原因になるメラニンの生成を促進します。

また、紫外線対策は夏だけ行えばいいものではありません。油断しがちな春頃から実は紫外線は徐々に増えてきます。
4月頃から9月頃の紫外線対策をしっかり行い、美白を目指していきましょう♪

主な紫外線対策は、日傘、サングラス、長袖を着るなど、紫外線が直接肌や目に当たらないようにする予防と、肌に紫外線を受けても焼けにくくする日焼け止めなどのUVケアがあります。

どちらも少しでも怠ると日焼けの原因になりますので注意してくださいね!

 

紫外線対策の関連記事をチェック✓


 

美白習慣のまとめ

 

真っ白美白になる為の美白習慣はいかがでしたでしょうか ?

美白になるためには

保湿をしっかり行うこと

美白化粧品を使うこと

 

睡眠は時間ではなく質にこだわり

お風呂は寝る前の最低1時間前には済ましておくこと

寝る前はPC、スマホの使用は控えること

リラックスできる環境をつくること

 

食事には美白効果のある栄養素の

ビタミンC

ビタミンE

リコピンを主に摂取すること

 

シミやくすみ、そばかすの原因に紫外線には

4月〜9月にかけての紫外線が強い時期に、日焼け止め・サングラス・日傘などで対策を行うこと

以上のことをポイントとし、透明感のある美白を目指していきましょう!

 

 

Beautymaker TOP美白 > 真っ白美白になるための今すぐ取り組める美白習慣とは

人気記事ランキング

1

  ファンデーションはメイクの中でも必需品の一つで、お肌の毛穴や色むらをなくしきれいに見せるメイク用品です。 10代はお肌もピチピチでファンデーションいらずでも、20代になるともう手放せない ...

2

  ファンデーションとは、肌の表面の凹凸や色を整えたり、シミやしわ・毛穴等を目立たなくするための化粧品の一つでお化粧をする上では欠かせないものですよね。 選び方や使い方によって顔のトーンアッ ...

3

  年々増加し続ける紫外線。 紫外線は美白の妨げになるシミやくすみ、そばかすの原因になるメラニンの生成を促進します。 また、紫外線対策は夏だけ行えばいいものではありません。油断しがちな春頃か ...

4

Contents1 2017年の夏は人気ナイトプールに行こう!2 ナイトプールでパリピ三昧!?3 おすすめナイトプール【関東編】4 おすすめナイトプール【関西編】5 ナイトプール まとめ 2017年の ...

5

  夏のファッションってラフなTシャツスタイルや、カジュアルなシャツスタイル、ノースリーブなんかも女性らしさを引き立たせて素敵ですよね。 でも、気になるのは脇の汗やにおいや汗染み… 脇汗をか ...

-美容, 美白
-, , , ,

Copyright© BEAUTYMAKER(ビューティーメーカー) , 2017 AllRights Reserved.