美容

カチコチかかとのひび割れの原因と対策【カサカサからツルツルへ】

更新日:

 

冬の寒い季節でもスカートを履いたり足を出したりして、女の子はおしゃれを楽しみたくなりますよね。

でもそんな時に悩まされるのが肌の乾燥です。

 

特にかかとのカチコチ乾燥やひび割れはストッキングやタイツが引っかかって破ける原因となったり見た目もあまり良くありません。

女の子だったら頭のてっぺんからつま先までしっかりケアをしたいですよね。
そんな今回は足のかかとの乾燥の原因と対策をご紹介いたします。

スポンサーリンク




カチコチかかとや痛いひび割れが起きる原因って?

 

実はかかとには皮脂腺がありません。

かかとは身体の中でも乾燥しやすい部分なのです。

皮脂腺がないということは油分がないということなので、かかとは普段から皮脂表面が乾燥しやすい環境ということなのです。

 

また長時間の立ち仕事や靴底の薄い靴での歩行は外部刺激となりかかとに負担を与えます。

外部刺激で角層が乱れたかかとはその乱れた角層を元に戻そうと急いで角質細胞を作ろうとします。

急いで角質を作ってしまうとその角質はまだ未熟で不出来な細胞のため、また新たに上から角質を作ろうとする働きが行われどんどん角質が上書きされていきます。

 

よく乾燥かかとの方にありがちなカチコチかかとはこうやって作られるのです。

そのカチコチかかとを放っておくと角質がどんどん分厚くなりひび割れの原因になってしまいます。

 

ひび割れしてしまうとストッキングを履いてもすぐ破れてしまうし痛みも伴いつらいですよね。

普段からの乾燥ケアをしっかりおこなっていきましょうね。

 

かかとのケアのしすぎも要注意!

「カチコチかかとはヤスリや軽石で削ったら大丈夫じゃない?」

そう思われる方も多くヤスリや軽石でかかとのカチコチを削る方がいらっしゃいますが、必要以上に角質を削ってしまうと皮膚はなくなった分を補おうと逆に厚くなることもあるのです。

気になるからといって削りすぎには要注意ということですね。

 

かかとの水虫や雑菌の繁殖が原因の場合も

「乾燥ケアをしてもなかなか改善されない」、「夏でもかかとが乾燥していて粉ふき状態」というかたは、かかと水虫の可能性もあります。

かかと水虫はかゆみがなく角質がどんどん厚くなり、一年中ずっと粉をふいている状態や皮が剥けたりする状態になります。

 

また水虫以外のカチコチかかとの原因としてかかとに雑菌が溜まっている可能性もあります。

かかと水虫やかかとの雑菌の繁殖は、足を清潔に保つなどの対処はできますが自分ではなかなか治すことはできません。

保湿ケアをしても全く改善されない方は、一度皮膚科や薬局の薬剤師さんに相談してみることがおすすめです

 

カチコチかかとや痛いひび割れかかとのケア対策

 

痛いカチコチかかやひび割れかかとの対策について解説していきます。

 

ヤスリや軽石を使って古い角質を落とす

まずはカチコチに固くなってしまった古い角質を取っていきましょう。

 

ヤスリ・軽石をつかった角質の落とし方

Step1

事前準備として湯船に浸かりかかとの皮膚を柔らかくしておきましょう。足湯でも大丈夫です。

 

Step2

充分柔らかくなったら一度足の水気を拭き取ります。濡れたままだと角質を取り過ぎてしまうおそれがあります。

 

Step3

(軽石の場合)軽石をかかとに当てクルクルと優しく回しながら角質を少しずつ取ります。

この時強くこすらないように注意してください。

(ヤスリの場合)同じ方向に向けて削っていきます。削りすぎると余計に角質が厚くなっていくので少しずつ様子を見ながら削るようにしましょう。

 

Step4

角質を取った後は柔らかい皮膚が剥き出しの状態ですので、保湿クリームなどでしっかり保湿をしましょう。

上からラップをしたり靴下を履くとより効果的です。

 

お風呂上がりの保湿ケア

最初にご説明した通り足の裏は皮脂腺がありません。

乾燥しやすいかかとなのに意外と洗いっぱなしで保湿ケアをしない方が多いですよね。

 

保湿クリームは角質を柔らかくしてくれるので、お風呂上がりの皮膚が少し柔らかくなっている状態の時に塗るようにしましょう。

 角質層のターンオーバーには約2〜3ヶ月かかりますので継続して塗ることがポイントです。

 

サイズの合っている靴、靴底が厚いものを選ぶ

靴のサイズがあっておらず足が圧迫されたり、靴底が薄いかかとへの負担が大きいと角質が厚くなる原因となります。

今自宅にある靴を一度見直しサイズが合っていないものは処分し新しい靴を、靴底が薄いものは中敷きを1枚プラスするなど工夫をしていきましょう。

 

まとめ

カチコチかかとのひび割れの原因と対策【カサカサからツルツルへ】まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

見落としがちなかかとのケアですが、一度乾燥してしまうと改善に時間がかかります。

女性としては全身全て常にパーフェクトな状態を目指したいですよね。

 

まずは自分のかかとの状態をチェックして毎日の保湿ケアを行なっていきましょう。

次の記事へ>>> 【痒さ対策】すねの乾燥対策とカサカサになってしまう原因とは

 

Beautymaker TOP美容 > カチコチかかとのひび割れの原因と対策【カサカサからツルツルへ】

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク




12月の人気記事ランキング

1

[Amazonサイバーマンデー2017]   関連記事 ・【美容・コスメ・スキンケア商品】Amazonサイバーマンデー2017おすすめ20選 | 78時間限定のビッグセール期間中に必ずゲット ...

2

    女の子ってメイクにヘアケアに、ファッションと女子力をアップさせるために毎日努力が欠かせないですよね。 かわいく見られたい 素敵な女性に思われたい などいろんな想いがあると思 ...

3

  ファンデーションはメイクの中でも必需品の一つで、お肌の毛穴や色むらをなくしきれいに見せるメイク用品です。 10代はお肌もピチピチでファンデーションいらずでも、20代になるともう手放せない ...

4

  乾燥肌タイプのみなさん! 化粧ノリばっちりになれる乾燥肌におすすめの化粧下地を知っていますでしょうか。   乾燥肌さんはお肌のキメが少ない分、化粧ノリが良くならなくて困っている ...

5

  毎年変わるファッションの流行になかなかついていけなかったり、お金がなくて今年も去年の服を着まわしになっている方はいませんか?   自宅のクローゼットには洋服がたくさん入っている ...

-美容
-, , ,

Copyright© BEAUTYMAKER(ビューティーメーカー) , 2017 All Rights Reserved.